Hitomi AIの技術

Hitomi AIの投資ツールの開発の基盤になっているのは、人間の脳に似せた「ニューラルネット」と呼ばれる手法だと推測されます。ニューラルネットとは、脳神経と同様のメカニズムをコンピューターに組み込んで、コンピューターの動きを脳に近づけるという発想です。

反復学習

人間の脳では、特定の神経細胞の間で信号のやり取りが増えると、その間の結合が徐々に強まります。Hitomi AIの人口知能では、この生物の神経回路の仕組みが応用されている可能性が高いと思われます。その結果、株式投資の分析において、反復学習のような効果が得られるようになった、ということでしょう。

Hitomi AIの技術

金融業界に応用

ニューラルネットの研究は1980年代に一度目のブームを起こしました。しかし、大きな成果がないまま1990年代に下火になりました。2020年代に再び脚光を浴び、金融業界で次々と応用されています。

参考(金融とAI):AI研究報告書

規模で深い階層構造

ここ数年で金融系AIが急速に進歩した理由は、非常に大規模で深い階層構造を持つディープなニューラル・ネットワークに基づく新方式が採用されたからです。

「半導体+ソフト+ネット」の融合

また、半導体とソフトウエアの飛躍的な進歩も追い風になっています。1990年代に比べると、コンピューターチップの性能は数万倍を遥かに超えるレベルになりました。この結果、複雑な論理計算を使った問題解決が可能になりました。

ビッグデータ蓄積

さらに、インターネットによる巨大情報(ビッグデータ)の蓄積が加わり、Hitomi AIのような製品が具現化される土壌が一気に整えられました。

金融分野

Hitomi AIの人工知能は、金融分野に特化しているようです。これまで日本では、大手企業グループのシンクタンク(総合研究所)はじめ、多くの企業が為替相場の予測や、投資相談などを行う専門家システムの研究に取り組んできました。

三菱総研の1980年代の挑戦

例えば「人工知能革命」と銘打って、三菱総研が1980年代に進めたプロジェクトの中で作った専門家システムの一つは、為替相場の予測に挑戦しました。自社開発した専門家システム用ソフト「ZEUS」を使い、景気や金利動向などから、翌週のドル・円為替相場の値動きを予想しました。野村総研も、似たようなシステムの開発に取り組みました。

ヒトミAIは「株式」の専門システム

それから約40年を経て、ついにベンチャー企業であるHitomi AIが、株式投資の分野で開発に参戦しました。Hitomi AIを開発したNOAHは2013年に設立されたばかりのスタートアップ。そんな新興企業が、財閥系の企業に挑む下剋上は、AI業界ならではです。

カリスマ相場師と勝負

企業間の開発競争がさらに進めば、日本株専門の一流アナリストやカリスマ相場師よりも、AIがはるかに的確な予測をする日は近いかも知れません。

日米逆転のために

とはいえ、世界市場を見渡すと、人・資金・経験ともに圧倒的優位を誇るアメリカ企業やヘッジファンドが、投資AIの開発では先を走っているのが実情です。それでも、Hitomi AIのような有望企業を育てる土壌が日本社会にも芽生えれば、AIでの「日米逆転」は夢ではないでしょう。

「純国産AI」に意欲

どうやらHitomi AIの開発チームは、「日本産業界のモノマネの時代は終わった」と認識しているようです。これからの日本企業は、技術を自給自足するだけでなく、ノウハウの大輸出国となる道をまっしぐらに歩むしかありません。Hitomi AIの技術実験部門は、「純国産AI」の実現に向けたアイデアと意欲であふれているといいます。Hitomi AIの躍進は、緒についたばかりなのかも知れません。 。

優秀な理系人材が参画

皮肉なのは、必ずしも今の日本人が、国産AI技術に対して熱狂的ではないということです。アメリカや中国のインテリがAI分野での自国の技術革新を重視しているのとは対照的です。ただ、一般国民が熱狂的であろうとなかろうと、日本人は、技術的ノウハウを世界を席巻する製品に転化する素晴らしい才能をもっています。そんな優秀な理系人材の一部が、Hitomi AIのようなAIベンチャーのプロジェクトに馳せ参じているようです。

Hitomi-AI評判
「メカトロニクス」から「投資AI」へ

戦後の日本の技術者は、ポケットサイズのビデオプレーヤーから、外国人のしゃべる言葉を自動的に翻訳する電話まで、様々な新開発を成功させました。外国人が発明した新案を盲目的にマネしたわけではありません。日本人が得意とする「メカトロニクス」も、単なる技術革新を超える離れ業の一つです。

油じみた機械の世界

メカトロニクスは、その名前が示すように、油じみた機械の世界からのアイデアと、エレクトロニクスからの概念を融合させたものです。日本のメカトロニクスが世に送り出した製品は、低級なデジタルウオッチからモダンなロボット工作機(NC工作機械)まで、多岐に渡ります。

日本人の技術レベルの高さ

メカトロニクスで実証した日本人の技術レベルの高さが、Hitomi AIなどが手掛ける「投資AI」の分野で発揮されつつあるといえます。

スマホ一台で利用可能

Hitomi AIは、スマホ一台でも利用が可能です。パソコンを持っていない人でも、遜色なく使いこなせます。一般の人たちが低価格で人間の能力を超えたAIを活用できるようになった社会的事例の一つといえます。インターネットが登場する前の1990年代初頭には、想像できなかったことです。

Youtube(ユーチューブ)のデータ解析

AIが今後さらに急速に発展することは間違いありません。AIは「ビッグデータの宝庫」と呼ばれるメジャーSNSの情報を、短期間で収集・分析する力を進歩させています。今後、Youtube(ユーチューブ)やInstagram(インスタグラム)、X(ツイッター)で発信される言葉・映像をAIが蓄積していけば、株価予想の精度もさらに磨きがかかるでしょう。

ヒトミAI

「知覚」と「認知」の進歩

Hitomi AIに見られる人工知能の大きな進歩は、主に「知覚」と「認知」という2つの大きな分野で起きました。このうち「知覚」の世界では、まず音声の実用面でブレイクスルーが起きました。音声認識はまだ完璧とはいえませんが、既に地球上で何十億人もの人々が利用しています。

画像の自動生成も

その後、画像認識能力が劇的に向上しました。Facebookなどのアプリを利用していれば、投稿された写真から友人を見つけ、その人の名前を示してタグ付けできるようになりました。アプリで世界中のほぼすべての鳥類を識別できるようになりました。さらに、「Midjourney(ミッドジャーニー)」のような画像を自動で作ってくれるAIも登場しました。

動画広告にAIを活用

また、AIを使って動画内の顔や服を認識することも簡単にできるようになりました。プレナス投資顧問によると、例えばイギリス発祥のベンチャー企業「ワイヤーマックス(WireMax)」は、動画の服にポイントを付け、そこをクリックするとその服の詳細と購入画面を出す、といった広告手法を簡単にパソコンで作成できるツールを提供しています。

Google(グーグル)のディープマインド・チーム

もう一つの「認知」の面でも、問題解決力が飛躍的に向上しました。ポーカーと囲碁などのゲームで、機械は人間の最強プレーヤーを次々と負かしました。世界の最先端を走るGoogle(グーグル)のディープマインド・チームは、機械学習を活用して、データセンターの冷却装置の効率を倍に高めることに成功しました。

分水嶺(ぶんすいれい)を超えると

「人間と同レベル」という一つの分水嶺(ぶんすいれい)を超えると、AIがさまざまな面で職場や経済全体を変えていく可能性が一気に高まります。ある作業においてAIを使ったシステムが人間より優れた成果を出せるようになると、そのシステムはおそらく飛躍的に普及するからです。最も複雑なゲームとも言われる株式の分野で、Hitomi AI等の開発チームがどのような飛躍を遂げるのか、今後も注目していきたいところです。

人間と同レベルのAI

Hitomi AI開発者の声

Hitomi AIの開発リーダーは、日原彬氏(前社長)です。漢字の読み方は「ひはら・あきら」ではないかというのが、口コミでのもっぱらの噂です。なお、Hitomi AIはブランド名(サービス名)であり、会社名は「株式会社NOAH(ノア)」です。UPdoga編集部が覆面調査の一環としてHitomi AIにサービス登録を行ったところ、メールで日原氏から以下のようなメッセージが届きました。

コメント抜粋

「全国でのセミナー活動やSNSなどで投資家の皆様と様々な角度から接する機会も多くあり、『個人投資家の方にとって何が必要』で、『何が望まれているのか』、では『自分には何ができるのか』などを常に考える日々を過ごしています。

そして現在、AIがヒトにもたらす利益を世界に届けたい想いを胸に、これまで築いてきた全てを、また、これからの活動により吸収する全てを全力で注力させていただくことに致しました。情報には各々情報特有の扱い方があり、銘柄探しには、その地合いに合わせ柔軟性を持たせた銘柄の選び方があります」

ロボット開発リーダーの夢

上記の日原氏の指摘は、安川電機会長だった菊池功氏の思想に相通ずるものがあります。菊池氏は20世紀末の1999年、日本国民にこう問いかけました。

科学、技術、製造の面でいまだ『仕様書』が完成していないロボットが、次の世紀ではチャンピオンとして活躍しているはず。満足すベき姿をしたAIが、その時代の文化、社会を生きている人々とイキイキと共存している姿、百年前の先人の夢が実現している楽しさを想像してみませんか

ロボット開発者たちの夢を

製造科学技術センター理事長、経団連常務理事として日本のロボット開発を主導した菊池氏。彼のようなパイオニアたちが描いたビジョンを、Hitomi AIの技術者などのZ世代の人材たちが、「AI金融」の分野で実現しつつあると言ってもいいでしょう。

日本のロボット開発リーダーのビジョンを、日原彬氏らがHitomi AIを使って金融分野で実現

「ディープ・ブルー」とヒトミ

機械は知能を持てるかーー。その答えは「知とは何か」という大命題にかかわります。AIやコンピューターの初期の研究者は、まず「意識的な知」である推論を対象にしました。計算機を何百台もつなぎ、しらみつぶしに読む方法を取り入れました。1997年に米国でコンピューターのチェス「ディープ・ブルー」が世界チャンピオンを下したのは、その集大成でした。

人間はとんでもない発想をする

そもそもAI研究とは、工学的には「コンピューターを人間に近づけること」です。科学的には「コンピューターを題材に、人間の知を追究すること」です。人間をまねなくても勝てるなら、コンピューター将棋に深い意味はありません。人間は鳥のまねでなく、飛行機で空を飛びました。人間はとんでもない発想をする、ということです。

課題は「理不尽さ」への理解

だから、AIが投資で成功するには、人間社会の不条理な現象を理解できなければなりません。最近では、Hitomi AIの勝率は高くなってきたという口コミの評判はちらほら聞かれるようになりました。技術的には進歩の途上だと思いますが、人間社会の「理不尽さ」まで読み解くことができのか、そこがヒトミの大きな課題です。いずれにせよ、将来の飛躍に向けたポテンシャル(潜在力)は高いといえるでしょう。

Hitomi AI